So-net無料ブログ作成
シスプリ ブログトップ
前の10件 | -

Happy Birthday 花穂 [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです。
とうとう大学が始まってしまうことに絶望している今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。

もうね……恐ろしいくらい遅れているんですがやはりあげない訳には行かないので線画だけでも。
現在鋭意色塗り中ですー。
一応一番大好きなキャラなので手を抜かずゆっくり時間をかけていきたいと思います(人はそれを手抜きと呼ぶ

花穂の絵を描くのはちょうど一年ぶりなのですがその時よりは絵が上手くなったのですかね?
あの時よりはほんの少しでも可愛く描いて絵あげられることが出来たのでしょうかね~、なんてw

 

……にしても、下書だけで色塗りしてない絵が多すぎるような…ゲフンゲフン

てなわけで、また明日~。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

Sister Princess [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです。
一日中心臓がバクバクしながら顔がにやけてた今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょか。

 

 

とりあえずまずはコレの一番下を見てください。

http://www.dengeki-15th.com/stage1.html

 

 

ウフフフフ………

 

アーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!!!!!

 

この時をどれほど待ったことか!!
シスプリが終了して早4年、苦汁を舐めさせられた全国の兄よ!
さぁ、立ち上がれ!

妹のために!!

 

 

 

 

 

……とりあえず落ち着きましょう。

簡単に説明するとシスタープリンセスと言う作品は『G'sマガジン』という雑誌で連載されていたもので、アニメ化・ゲーム化もされ、現在の妹萌えの火付け役ともなった作品です。
ボヒゃまげにとっても物凄く思い入れのある作品で、恐らく今のボヒゃまげがあるのはシスプリのおかげです。

ですが、惜しくも4年前に連載が終了してしまい復活は無いものと思われてきました。
この4年間「後一度だけでいいから復活して欲しい」と言う想いを絶やした事はありません。
しかも、ボヒゃまげは知るのが遅かったので殆どリアルタイムでかかわれていませんでした。

 

だからこの復活を喜ばれずにいられるかぁ!!

 

フフフフフフ……

てなわけで、また明日~。

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

バレンタイン&白雪絵 [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです。
チョコにケーキに食べ過ぎて本格的にやばくなって来た今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。

まぁ、あえて何がやばいのかは言いませんがw

 

 

 

 

…………え? 2月14日?

ウチの父親の誕生日ですが何か?

 

………スイマセン、このネタ使うの今年4回目です。
おまけに去年も使いました。
もちろん来年も使いますw

冗談は置いておいて、バレンタイン&白雪の誕生日記念絵の公開です。

 

 

実際、白雪=チョコレートという事実に気が付いたのが二日前。
白雪は2月中に描ければいいかなと思ってたのですが何とか14日に間に合わせました(間に合ってない)

今回は構図に若干こだわってみました。
リボンのなびき具合も気に入ってます。
それに割と原作の絵柄にも似せれましたし。

ここで恒例、白雪話。

白雪と言えば言わずもがなシスプリの料理番です。
一人称は『姫』、兄の呼び方は『にいさま』、CVは横手久美子さん。
アニメ版第一期では14人もの胃袋を一手に預かりその独創料理を遺憾なく発揮してました。
初登場時には火を噴く激辛グラタンを作り『料理ベタ』と言う印象でしたが、回を重ねるにつれだんだんと上手くなっていき、プリピュアにおいてはスイーツから料理まで何でもこなせる妹になりました。
もちろん原作では最初から料理上手でにいさまのためにあらゆる料理を作ってます。

故に白雪と言えば料理、と言う印象がもたれがちですが実は彼女の魅力はそれだけではありません。
まず口調。
一人称『姫』は慣れない内は敬遠されがちですが、慣れてしまえば病み付きになります。
さらに語尾の『~ですの♪』とか『むふん♪』とかつけてさらに横手久美子さんの甘ったるい(褒め言葉)で喋られたら、愛おしさ東MAX!ですよ。

そして、何よりかなりのおマセさん。
白雪の名言中の名言である「姫を、食・べ・て♪」にもある通り、その妄想力たるや春歌にも迫るものがあります。
しかも、咲耶のように大人っぽいのではなく、見た目はロリ(140cm)ですからそのギャップに萌える事は必至。
それでいて寂しがり屋という一面もたまに垣間見る事が出来れば、もう最強です。

やはり男たるもの胃袋を抑えられれば弱い、と言うのが本能。
もちろんボヒゃまげも大好きです。

 

ちなみに全身にチョコを塗ったくって「にいさま……姫を食・べ・て♪」的な絵も考えたのですが流石に自粛しましたw

てなわけで、また明日~。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

シスプリRPG [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです。
まなびストレート第四話で泣いた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
その1

その2

その3

それでは今日のネタ。

  シスプリRPG

まだいたんだ、こんな事やってる人(いい意味で)
コミケ等で無料配布されているものらしいです。
闇可憐やら闇鞠絵やら(ムチャクチャ怖いです)も出て来てかなり面白そうです。

てなわけで、また明日~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

花穂絵製作完了 [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです。
ウチで停電があった今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。

どうやら雪のせいで外の電線が切れたようです。
見事に家の手前側半分の電気が切れましたw
まぁ、すぐに直りましたけど。

さて、大分遅れてしまいましたが花穂絵です。
亜里亜と咲耶はどうしたとかいう突っ込みは無しですぜw
……受験が終わればチャント描きますってば。
しっかーし!! 我がマイシスター(日本語おかしい)花穂を描かずしてお兄ちゃまが名乗れようか、いや名乗れまい!!
そんな訳で、根性で仕上げましたw

今回は服の正確な資料が無かったので新旧チア衣装対決です。
今更ながらにデジカメの設定を多少いじったので、結構明るめです。
もう、何に苦労したって以下に足を描かない様にするかですよw
ボヒゃまげは手以上に足を描くのが苦手なのでポージングには苦労しましたw
後はボヒゃまげにしては珍しく肌色も塗ってます。(いつも塗れよ)


ここでちょっと花穂話。
花穂はシスプリの中でも一番のドジっ子で「見捨てないでね」が口癖の妹です。
CVはもっちーこと望月久代さんで花穂が(恐らく)デビュー作です。
その可愛らしい声もあいまって一目で好きになりました。
ラブひなのしのぶ、フルバの紀沙、とショートヘアキャラが好きだったボヒゃまげが一目惚れしたのは至極当然の結果と言えようw

初めて花穂を見たのはプリピュアでした。
当時まだ純真だったボヒゃまげ少年はテレビ欄を見て何となくやってた深夜アニメらしきものをビデオに録りました。
その回が丁度キャラクターズ(前半がストーリー、後半がキャラクターパート)が花穂の回だったのですよ!
そこからはもう、多くは語りますまいw

花穂の魅力はやはり『ドジっ子』と言う点が大いにあるでしょう。
まず転ぶ、とにかく転ぶ、平坦な道だろうが容赦なく転ぶw
こうなれば手を差し伸べずにはいられないのが兄、もとい男性の心理と言うものです。
それにいつも元気をくれる兄のために自分の元気を分けてあげようとチアの練習に励む健気っぷり。
それでもなかなか上達しなく、龍崎先輩に指導されて泣きそうになっているのを励ますのもお兄ちゃまとしての最高の喜びですw

一応来月の予告をしておくと白雪なのですが描けるかどうかは解りません。
第一新旧で服も変わりませんしねぇ………w
いや、だから描かないという訳ではありませんよ。
その場合は一人にするでしょうし。
それからよしムーさんとこの記念絵は………もう時効かな(オイ)w
まぁ、期待しないで待ってくださいw

てなわけで、また明日~。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

新旧衛揃い踏み [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです
ロデオボーイ2が我が家に降臨した今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか

結構楽しいですよ、アレ
ただ、やりすぎると下りた後にも妙な感覚が残ると言う欠点がw

さぁ!やっとの事で出来ました
新旧衛揃い踏み
やっぱり左右で大きさが違う………w
そしてそれを描いてから気付くと言う罠w

 

   

 

衛には何と言ってもオレンジが似合いますね~
たまにはクールな格好の衛も見てみたいかもw

さて、ここらで衛話
ボヒゃまげにとっては生まれて初めてのボクっ子
そりゃあもうかなりのインパクトでしたよw
ですが慣れてしまえば可愛くてしょうがない
男の子っぽさが全面に出ているからこそたまに見せる女の子らしさがたまらないです
衛の場合他のボーイッシュキャラと違い乱暴やガサツなどと言った要素が無いです
それどころか男の子としての可愛らしさも持ち合わせています
それは恐らくただのボーイッシュではなく衛自身が本気で『弟になりたかった』と思っているせいでしょう
しかし女の子としても愛して欲しい、と言う気持ちも持っているのでその葛藤が非常に愛らしいですね

それから今のうちに言っておきますが来月の亞里亞、多分来月の中頃になると思います
てか、二日って早すぎだろw

てなわけで、また明日~


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ふたりでプリッピュア~ [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです

さて、本日9月23日は何の日でしょうか?
そう、可憐の誕生日です
そんな訳で誕生日記念イラストを描いてみました
それよりクギミーはどうした、とか言わないで……

  

見ての通り新旧可憐揃い踏みです
SSにしようかとも思ったのですがネタが思い浮かばないのと、昔やったのもあって今回は絵です
とりあえずコレが新企画の概要
『シスプリ』『プリピュア』両方の衣装を描いてみよう、と言う事です
でも、服ほとんど同じだったらどうしようw 亞里亞とか

もう何と言ってもシスプリ絵で一番苦労するのが髪ですよ
あの細くてしなやかな髪はまさに神の領域と言っても過言ではないでしょう(上手い事言った)
あと二人描くとどうしてもサイズが微妙に違っちゃうんですよね~
やっぱりそこら辺は経験でしょうか

さて、ここらでちょっと可憐話
可憐と言えば言わずと知れたシスプリを代表する妹です
人呼んで『ミス・ベーシック』
萌えの基本中の基本をそのまま具体化したような妹
それ故に可憐を嫌う人は少ないですが、熱狂的なファンも少ないのも事実です
特にイロモノぞろいのシスプリの中でイマイチ個性が浮き立たないのはある意味仕方ない
ですが、考えてみれば数多の萌えキャラがひしめいている現代においてあそこまで基本に忠実なキャラと言うのはむしろ珍しいとも言えます
清楚でおしとやか、それでいて寂しがり屋で甘えん坊
やや茶色がかった髪に、三つ編みにアホ毛までついてます
何かと濃いキャラ作りをしないとキャラが立たないこのご時世において、今尚可憐が際立っているのは何故か
それはやはり『妹』の力という物でしょうね
一人の女の子としてだけではなく、その上家族として、兄妹として『守ってあげたい』と言う心理が働くのでしょう
まぁ、コレは他の妹にも当てはまりますがね

さぁ、勘のいい方はお気づきでしょうが来月はそう、衛です
(てか、今『まもる』で変換したら一発で『衛』って出たのにちょっとびっくりw)
ふっふっふ~、まぁ期待していてください

てなわけで、また明日~


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ここで持ってくるのがボヒゃまげクオリティ [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです
一日中模試を受けてたせいで精神が九割くらい崩壊している今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか
 
とりあえずふっかーつ
心配をお掛けしましたが(誰も心配してないってw)かろうじて生き返りましたよ
一応最終話まで見ましたがもう感動の嵐で………
一晩中枕を涙で濡らしたのは君と僕の秘密さっ!!
  
そう、ボヒゃまげは復活したのだ! 
新たなるボヒゃまげを見よ!
  



見るのだ!!





見ていてくだされェェ!!!!
お館様ァァァアアアアッ!!!!(by真田幸村)


見ておるぞォ、幸村ァァァァアアッ!!!!(byお館様)

 

まぁーみぃーむぅーめぇー藻ォー!!!!(byやわらか戦車)


ハイ、精神が病んでるのは全て模試のせいw

でも、まぁ新企画を用意してるのは本当です
さてどうなる事やら………

では最後に

誰か……ネタを恵んでくださいw

てなわけで、また明日~


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

まだまだ引っ張るシスプリネタ [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです
久しぶりに『シスプリ病』に罹りまくっている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか

とりあえず三日に渡りシスプリを引っ張った挙句、欝っぽい事をほざいてる事を先に詫びておきます

何かかなり久しぶりですね『シスプリ病』
もう罹る事はないと思っていたのですが、まだ想いは風化していなかったって事ですかね
DVDも残すところあと二巻まで来たのですがどうもこの先気が進まないと言うか……
終わる事を解っていて先を見るのか、先を知らないまま(知ってますけどw)永遠を望むのか

やっぱりシスプリはボヒゃまげにとって特別な作品なんですよ
後にも先にもシスプリ以上の作品は存在しないでしょう
ちなみに『シスプリ病』というのはボヒゃまげの考えた病名ですw


病名:シスプリ病

症状:シスプリの事しか考えなくなる・恋焦がれすぎて胸が苦しくなる・『妹』と言う単語に異常に反応する・何故かシスプリについて語りたくなる

原因:シスプリに関わる

対処法:時の流れに任せる


うわ………どうしようもねぇ
一応ボヒゃまげの最後の手段としてまだ開けてないゲームがあるのですが、それをやっちゃったらホントに楽しかった時間に幕を引いてしまうような気がして踏み切れないんですよねぇ

ちなみにさっきネットサーフィンしてたこんなの見つけました
シスタープリンセスonlyイベント『プチ・パルティex(イーエックス)』

もう何が嬉しいって、皆がシスプリを忘れないでいてくれた事が嬉しいのですよ
今からでも遅くは無い、お兄ちゃんになってみては?

てなわけで、また明日~

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

何故か今更シスプリレビュー [シスプリ]

皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです
意味も無くシスプリ(第一期)のDVDを見まくっている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか

ウン、やっぱりシスプリはいいね!
一応経緯を説明すると、今日何故か解らないけど猛烈にシスプリが見たくなったのですよ
と言うわけで、知る人ぞ知る今年の正月にくじの一等で当てたDVDプレーヤーで見てるのです
DVDプレーヤーについての詳しい事はここ

改めて見てみるとやはり第一期は『ギャグ』要素が強いですね
この頃は今ほど『萌え』が叫ばれていなかったので単に『妹が十二人出てくるギャグアニメ』という位置にあると思います
ボヒゃまげ的には最近の萌えを意識しすぎた作品よりもこういう作品の方が萌えを感じますね

思えばボヒゃまげが本格的にこっちの道に入ったのもシスプリがきっかけでした
そしてストライクゾーンもかなり広がりましたよw

現在ある『妹萌え』の草分け役となったのがこのシスプリであるように思います
そして一作品にヒロインが10人以上いる、というのも現在では当たり前ですが当時としてはかなりの冒険だったでしょう
さらに意外と知られていないですが『最初から好感度MAX』というのもシスプリが最初でした

思えば桑谷夏子さん望月久代さんもシスプリがデビュー作でした
今となっては桑谷さんはナイフで襲い掛かり、望月さんは刀持って死神やってたりしますw

シスプリや妹萌えについてはココココに書いてあるのであわせてご覧下さい

さて、何でイキナリシスプリについて熱く語ったかと言うと

9月6日の『妹の日』の存在を完全に忘れ去っていた腹いせですw

シスプリ公式サイト:http://www.mediaworks.co.jp/gamers_s/sispri/index.php

てなわけで、また明日~


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - シスプリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。