So-net無料ブログ作成
ハルヒSS ブログトップ

長門SS第七話 [ハルヒSS]

前回のあらすじ:ハルヒに付き合わされるままにメイド喫茶に入店してしまった。

「お帰りなさいませ、ご主人様、お嬢様♪」

トーンの高いマニュアル通りのセリフとはいえ、実際に言われると中々どうしてまんざらでもない。
この業界にメイド喫茶なるものが蔓延している理由が小さじ一杯くらいは解る気がするな。
迎えてくれたのは長い髪を二つに縛り、紺のワンピースの上からふんだんにフリルをあしらったエプロンを着用し、これまたフリフリのカチューシャがワンポイントのメイドさんだった。
スカートもあえて膝下まであるところから見ると、どうやら萌えを意識しすぎず清楚で正統派なのがこの店の売りらしい。
そう思って店内を見回してみると、落ち着いた雰囲気でメイドがいなければ普通の喫茶店としても十分営業できるくらいだ。

「それでは、こちらにどうぞ♪」

最早メイドコスプレしたヤツがメイド喫茶に来る事など珍しくも無いのか、店のメイドさんは慣れた扱いで席まで案内した。
案内されたのは六人席で俺の右隣に古泉、向かいに左から朝比奈さん、ハルヒ、長門の順に座った。
せめてもの幸いだったのはこの席が店の奥にあったことだな。
窓側に面した道路は遠くから凝視している限り北高の生徒もちらほらと通っており、もし谷口にでも見つかろうものなら俺は本当の意味でヒッキーのオタクにでもならなければならないだろう。
この席に座っていればよほど店内を覗き込まない限り見られることは無い。
まさに首の皮一枚だぜ。

「ふっふ~ん♪ 中々いい雰囲気じゃない。二人とも、ちゃんとよく見て勉強しておくのよ! いついかなる時にも他の人たちの三歩前を行かなきゃならないんだから。」
「あッ!ハイ!」

店で働けば即・人気No1メイドになりそうなくらいの眩しさと美しさとその他諸々を兼ね備えた朝比奈さんはどこからか取り出したこれまた可愛らしいメモ帳にカリカリとペンを走らせている。
真面目なのはいたっていいことだが、その情熱をこんなどっかの意地悪な王様が気まぐれで考えたような命令に費やしていいのだろうかと心配になるね。
長門は長門で目から高粒子レーザーでも発射しそうな勢いで店を闊歩するメイドさんたちを凝視してる。
コイツが本以外を凝視しているのは何かの天変地異の前触れだろうか。

「ご注文は何にいたしますか? ご主人様、お嬢様♪」
「アイス5つで。」
「かしこまりました♪」

オイ、勝手に決めるなよ。少しは選択権を残せ。

「何よー。別にみんな異論は無いでしょ?」
「僕はソレで構いませんが?」
「あの、私もアイスコーヒーでいいですよ。」
「………別に。」

まぁ、俺も別に異論は無いんだが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

長門SS第六話 [ハルヒSS]

 

前回のあらすじ:ワケも解らぬままメイド喫茶に行く事になってしまった。

 

丁度部室を出る時に目が合ったので先程から感じている疑問をぶつけてみた。

「今回の騒ぎも裏で糸を引いてるのはお前か?」
「おや、何のことでしょうか?」

あぁ、白々しい。
お前のその気色悪いスマイルが何よりの証拠だ。

「やはり気付いていましたか、僕としてはもっと早くに貴方からお声が掛ると思っていましたが……」

確かに一週間もこいつを野放しにしていたのは突如部屋に現れた三人のメイドたちによって注意力が散漫し切っていた俺のミスだ。
通常の人間ならばあの三人(一回鶴屋さんも来たが)のメイド服を毎日見ていてば除夜の鐘108回どころでは済まない位の煩悩が満ち溢れる事は仕方が無い。
決して作者のミスでなど無い事をここに声を大にして宣言しておこう。

「決して貴方にとっても悪くない状況だとは思いますが……この一週間中々の壮観だったでしょう?」

とりあえずハルヒを待たせる訳にもいかないのでメイド喫茶、もとい冥土への道を歩きながらメイド三人集より一歩遅れて歩きながら話した。
しかし、駅とは反対方向に歩いているという事は歩いていける距離にあるということか。

「確かにイヤだったと言えば嘘になる、が今言っているのはそんな事ではない。」
「僕はただ、涼宮さんの目に付く所にあのポスターを貼っただけですよ。 それ以外の事は何もしていません、あのコンテストも実際するものですし。」

お前にしては随分と小規模な作戦だな、第一ハルヒが気付かないかもしれない、それに機関が絡んでるんじゃないのか?

「勿論、機関は一枚噛んでます。それなりの規模とクオリティが無ければ涼宮さんは納得しないでしょうしね。 それに貴方こそ気付いてなかったんですか?」

間を溜めるな、もったいぶるな、眉間に人差し指を当てるな、早く言え。

「………貴方と朝比奈さんのやり取りを見ている二人の視線に。」

それはどう言う事だ、と訊こうとしたが時既に遅し、メイド喫茶の前に到着してしまった。
まさか学校から徒歩10分の所にこんなファンシーな店があった事に関して、俺は日本の将来を心配せざるを得ない。
仕方なく古泉とどこぞの人形アニメ好きの外務大臣に心の中で文句を言いつつ、ハルヒの後から人生初のメイド喫茶入店を果たした。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

長門SS第五話 [ハルヒSS]

 

前回のあらすじ:ハルヒがメイド服で乱入してきやがった。

「あったりまえじゃない! いちいちこっち来てから着替えるのメンドイし、第一掃除するならメイド姿に決まってるでしょ!」

一体どこに掃除時間中にメイド服を着ている事が決まっている学校があるのか、小一時間問いただしてみたい気もする。

「そんな事より、みんな大分イイ感じになってきたと思うけどまだ一押し足りない気がするのよねー。」

ただでさえこんな所に身を置いているせいで変人扱いされているのにそれに拍車を掛けるような自分の行動を『そんな事』で片付けたハルヒは含みのある笑みで部室内を徘徊している。
やめろ。お前の『その』顔と俺の嬉しい出来事が繋がったためしはただの一度だってありはしない。

「と、言うわけで、これから本物のメイド喫茶に乗り込むわよ!!」

乗り込むと言う表現が適切に使われているかどうかについてはこの際置いておこう。
ハルヒの場合乗り込むと言ったら必ず乗り込むのだ。
それよりもこの文章の中で聞き捨てならない箇所がある。
………これから、だと?

「何よキョン、『善は急げ』って知らないの?いい事は早めにやった方がいいのよ。」

お前こそ『急がば回れ』と言う言葉を知らんのか。
と、こんな事を千里の道を一歩でピョンと飛び越えそうなハルヒに言っても無駄な事は重々承知している。
だったら無駄ついでにもう一つ訊いてやろう、当然着替えて行くんだよな。

「そんなことしてたら日が暮れちゃうわよ。大体敵陣に乗り込むのに戦闘服も着ないで突っ込む兵隊なんていないでしょ?」

やれやれ、やはり無駄だったか。
いくら太陽があせった所でいたいけな朝比奈さんの純真無垢なメイド姿を衆目の元に晒すのを防ぐくらいは待ってもらってもいいだろうに。
それにメイド喫茶は敵じゃないだろうが。


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

長門SS第四話 [ハルヒSS]

前回のあらすじ: ハルヒが朝比奈さんと長門を巻き込もうとしている

と言うわけで回想終了だ
そんな事があって早一週間、俺はようやく長門のメイド服姿にも目が慣れてきた
ちなみにハルヒが長門に下した命令は三つ

 1.部室内では必ずメイド服を着用する事
 
 2.メイド服を着ている時は男性団員のことを『ご主人様』、女性団員の事を『お嬢様』と呼ぶ事

 3.みくるちゃんの淹れたお茶を団員(いる場合はお客にも)配る事

と言う至極簡単な命令だった
初めはハルヒの青春学園ドラマ的な熱血指導があったのだが、メイドはおろか萌えの何たるかすら理解出来ていない長門にこれ以上の要求を課すのは鏡とジャンケンして勝つより遥かに困難を要する作業だ
実際こんな無口メイドにも少なからず需要はあるだろうから正統派メイドの朝比奈さん、豪快なメイドのハルヒとあいまって絶妙なバランスをかもち出していた
だから、俺としてはこれ以上の異議申し立てをするつもりは無く、このまま来週に行われる大会に出場しても四位くらいにはなれそうな気がしていた
だが、この世にたった一人鏡とジャンケンして勝った挙句、あっち向いてホイでも余裕で勝利を収めるやつがいる

「みんなー……じゃなかった、ご主人様ー! お待たせー―!!」

腕に『超メイド』の腕章を燦然と輝かせ、完璧なメイド服に身を包んだヤツがメイドにあるまじき豪快さでドアを蹴破った
もう二回も紹介する気は無いぜ?

「ごめんね~掃除当番が長引いちゃってさ~……ウン、みんなちゃんとメイド服を着ているようね!」

どうでもいいが、まさかこのカッコで教室からここまで歩いてきたのか?このバカ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

長門SS第三話 [ハルヒSS]

 

前回のあらすじ:ハルヒがワケの解らんチラシを持ってきやがった

しかし誰だ、こんなイベントを考えた挙句ハルヒの目の付く所にこんな目立つポスターを貼ったヤツは
とりあえず、よほどこの世界の行く末に興味が無いヤツなのは確実だな
まぁいい、一応聞きたくは無いが訊いてやろう、どうするつもりだ?

「決まってるじゃない、優勝を掻っ攫ってくるのよ!」

どうやらコイツのボキャブラリーには『参加する事に意義がある』と言う言葉はひとかけらも無いらしい
まぁ、こいつの頭の中の引き出しを荒らそうものならパンドラの箱をも遥かに凌駕するワケの解らないアレやコレが大量に放出し、さらにタチの悪い事に最後に希望が残っているなどという可能性は塵一つもありはしないのであえてスルーするのさ
よって俺はコイツの脳内に家宅捜索礼状を申請する事など永遠に無いだろう、触らぬハルヒに祟りなしってヤツだ
予想通りの回答を言い放ってくれたハルヒに向かって古泉が続く

「真にいい考えではないでしょうか」

だまれ、そこのイエスマン
頷くだけなら首の壊れた人形にも出来るぞ
そんな事よりさっきからこのポスターに小さく書かれている一言に俺はイヤな予感を抱いていた

 『参加人数:1チーム三人まで』

つまりアレか?
俺の目の前でイマイチ書いてある内容が解らず目を白黒させている朝比奈さんと、文字通り穴が開くほど凝視している長門も巻き込む気か?

「モチのロンよ! いい? コレは団長命令よ! 絶対に優勝してやるんだからねっ!!」

今更ながらに思ったのだが、コイツは何でここまで執念を燃やしているんだ
チラシを見る限り豪華優勝景品やしょぼいトロフィー、ましてハワイ旅行どころか温泉旅行ペア宿泊券すらない
そんな時、俺の脳裏に一瞬のデジャヴが走った
言わずもがな、あのインチキ野球大会だ

「こーゆー人たちの情報網はスゴイのよねー。だからここで優勝すれば一躍SOS団の名前が世に広まるって算段よ!」

とうとう萌え市場まで傘下に治める気だ、コイツ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

長門SS第二話 [ハルヒSS]

 

前回のあらすじ:長門がメイド服を着てた、以上

何故この様な奇怪かつ珍妙、異質にして驚愕な状況がこのSOS団部室において成り立っているのかを説明するにはちょっとばかし時間をさかのぼる必要がある
そんな訳で回想スタート

 

一週間前の放課後、まだハルヒの来ていない部室で俺は特に何事も無く古泉にオセロで圧勝していた
俺が早々に四隅を黒で埋め尽くし、相手の白い駒をひっくり返す単純作業にも飽きてきた時、イヤな予感が走った
自慢じゃないが俺は何処に出しても恥ずかしくないくらいの普通人レベルMAXの人間であると自負している
だがな、そんな俺でもこの超インクレディブル・エキセントリック空間に居座っていれば予知能力くらいはつくもんだ
その証拠に一つ、予言をしてやろう
俺たちが放課後の時間を無駄に謳歌しているとそこのドアが蹴破られ、―そう『奴』が来る事になってるんだ

「みんな! いい事思いついたわ!!」

出た、我らが団長殿、涼宮ハルヒだ
賭けてもいいが、コイツの『いい事』が俺や朝比奈さんにとって『いい事』であった例は微塵も無く、また世界にとっても相当な精神的疲労をこうむっている事は言うまでもあるまい
それ故にハルヒの言う『いい事』など考えても解るわけが無く、まして考えたくも無いので俺は仕方なく毎度蹴破られているドアの耐久度に思考を集中した

「ハイハーイ、皆これを見なさいっ!!」

と言ってハルヒはとあるチラシを目の前に押し付けてきやがった
目の前に押し付けられては致し方無い、しょうがなくそのチラシを見てやった
俺の目が節穴か、もしくは言語機能に異常をきたしていない限りそこにはこう書かれていた

 『第三回、メイドさん大会@アキハバラ!! 
   集え!萌えっ娘メイド達 今こそその栄冠を手に!』

突っ込みどころが満載で何処に突っ込んでいいのか解らんが、とりあえずこんなふざけた大会が過去において二回も行われていることに突っ込んでおくことにしよう


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

長門SS第一話&50,000Hit [ハルヒSS]

それは何もない日常
俺はいつもの通りこの元文芸部室、もといSOS団部室に特に取り立てた理由も無いのに足が向かってしまう
SOS団が未だに部どころか同好会にすら昇格できずにいるのにこの部屋を『部』室と呼んでいることに関してはとりあえず目をつぶっておこう
伝書鳩もびっくりな帰省本能に今更びっくりするつもりは毛頭無いが、今現在この部屋にはちょっとばかしびっくりな事が起きている

「あなたの番ですよ」

そう言って自分のターンを終えた目の前にいる薄笑い野郎には残念ながら何の変化も無い
しかしコイツがもしも真剣な顔つきでもしようものなら、それこそ俺にとって不愉快この上ないのでそのささやかな願望は諦めよう

「もう少しでお茶が出来ますよ~♪」

既にSOS団専属メイドと化してしまった未来人にも嬉しい事に何の変化も無い
もし彼女に不快な変化が起きようものなら、俺はこの部室に貴重な放課後の時間をふいにして足を通わせる理由の九割を失うわけで
それこそこの世の終わりと形容するに相応しい出来事なので、まことに喜ばしい限りだ

ちなみに我らが団長殿は社長出勤ならぬ団長出勤を決め込んでいるのか未だ現れていない
………なんてのは嘘で今頃掃除当番に精を出していることだろう

となれば残るはあと一人しか要るまい
ここに来て実は俺が……、などと言うドッキリカメラ的な仕掛けは用意されていない事は俺自身がよく知っている

「………どうぞ、ご主人様」

端的に言おう、対有機生命体ナントカカントカが絵に書いたようなメイド服を着込み、今まさに朝比奈さんが入れたお茶を俺の前に差し出してきた
ここで驚かない奴がいたらそれは普段のSOS団の実態を知らないか、もしくは早急に腕のいい眼科を紹介しなければいけない奴だろう


ハイ、皆さん ボッヒゃ~、ボヒゃまげです
一応書き始めはこんな感じです
全部出来てから載せようものならえらい時間がかかってしまうので小出しにしていく事にしました
まだ細かい内容が決まってない、というのが一番の理由ですがねw

あ、忘れてたけど50,000突破しました~
肝心の茶々絵ですが、まだ出来てない事は言うまでも無いでしょうw
まさか今日のアクセス数が普段の倍以上あるとは………
多分早ければ明日くらいには載せれそうなのでご勘弁を

てなわけで、また明日~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
ハルヒSS ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。